お通じを良くするお茶の効果|お手軽ダイエット通信

デトックス効果がある

シニア男性

野菜不足を解消

国内では野菜不足が深刻化されています。特に足りていないのが腸を活性化させる食物繊維です。これらの問題を解決する救世主がグリーンスムージーと言われています。体に良いけどその都度食材をカットするのがめんどうという理由で、だんだん遠のいてしまうことも多いようです。めんどうな手間を省き、簡単に完成させる方法があります。それは、葉野菜である青汁をベースにすることです。バナナやリンゴ、キウイフルーツと一緒にミキサーにかければ、あっという間に仕上がります。グリーンスムージーの代表的な効果は、デトックスです。人の体はインスタント食品や外食の影響で、知らずのうちに体の中に毒素が蓄積されています。グリーンスムージーを飲むことで腸内が活性化されて、毒素が排出されやすい環境を作ります。

向いていない食材

グリーンスムージーの原料となる青汁には、いろいろなタイプがあります。持ち運べるのが特徴の粉末タイプ、濃縮還元タイプもあるそうです。味が良くて栄養価が壊れにくいストレートタイプもあります。グリーンスムージーには入れてはならない食材もあります。ひとつはでんぷん質の野菜です。性質上スムージーには向いていません。後はついやってしまいがちですが、豆乳とミルクです。この2つがブレンドされると、野菜の栄養がうまく表れません。グリーンスムージーは何かと一緒に取り入れるのではなく、単体で補うようにします。食事と一緒に取り入れると、吸収されにくくなります。こうすると全身の働きが良くなり、血管や内臓が丈夫になります。